見る・遊ぶ

六本木・青山公園でドイツフェスティバル 大使館専属シェフによるメニューも

昨年の様子

昨年の様子

  •  

 ドイツ大使館主催の「ドイツフェスティバル 2018」が11月1日~11月4日、都立青山公園(港区六本木7)で開催される。ドイツ大使館主催。

ドイツの食が楽しめる

 ドイツの文化や食などを通じて日本とドイツの友好をより深めようと開かれ、今年で開催8回目を迎える。

[広告]

 ドイツソーセージやドイツビールなどドイツ料理の飲食屋台やワークショップなど、例年展開する企画のほか、今年はドイツ連邦共和国大使館・大使専属シェフの小林茂樹さんによる「特別ドイツ料理BOX」(1500円・11月4日のみ)を300食限定で販売。これまでにドイツで4枚のアルバムをリリースしたドイツ出身の日本人ラッパー・Blumioさんをはじめ、ドイツで活動するアーティストの出演も決定している。

 主催するドイツ大使館のハンス・カール・フォン・ヴェアテルン大使は「多彩な音楽に酔いしれ、ドイツビールを味わい、グリルソーセージやプレーツェルとは一味違ったドイツ料理とスナック、そしてさまざまな地域の特産品を楽しんでほしい」と話す。「ドイツの情報や製品、文化のワークショップなどを通じて、ドイツのさまざまな側面を見つけてほしい」とも。

 開催時間は、1日=15時~21時、2日~3日=10時30分~21時、4日=10時30分~19時30分。入場無料。