食べる

六本木のBBQリブ店でオクラ使った限定ランチ「ガンボ」 米南部のソウルフード

期間限定で「ガンボ with カルローズランチ」を提供

期間限定で「ガンボ with カルローズランチ」を提供

  •  
  •  

 アメリカ発祥のバーベキューリブ専門レストラン「トニーローマ六本木店」(港区六本木5)が現在、期間限定で平日のランチタイムに、「ガンボ with カルローズランチ」を週替わりで展開している。

1月28日~2月1日に用意する「ミートボールガンボ」(1,000円、各日15食限定)

 「ガンボ」とはフランス語で「オクラ」を意味する、アメリカ南東部のルイジアナ料理の一つ。オクラを使ってとろみをつけた煮込み料理で、スープやシチュー、またはカレーのようにライスを添えて食べる。同ランチでは、カリフォルニア州で最も多く栽培された、軽い食感と歯応えが特長のジャポニカ系の米「カルローズ米」を添えて提供する。

[広告]

 期間限定メニューとして、1月21日~25日は豆乳をベースに、エビからとったダシなどを加えたガンボスープを使った「豆乳&シュリンプガンボ」を、1月28日~2月1日はトマトベースのガンボスープとスパイスチーズ入りのミートボールが特徴の「ミートボールガンボ」をそれぞれ用意(1,000円、各日15食限定)。

 広報担当者は「アメリカ南部のソウルフードともいえる『ガンボスープ』は、具材やベースとなるスープの味付けによって、さまざまなアレンジで楽しめるのが魅力。スパイスやハーブで香りを付けてとろみを加えた、辛いのに甘く、スパイシーなのに優しいうま味、トロトロで濃厚なのに軽やかな味わいを楽しんいただけたら」と話す。

 提供時間は平日11時30分~15時。期間限定メニューの提供は2月1日まで。

  • はてなブックマークに追加