食べる

ミッドタウンの「ユニオンスクエア東京」で限定メニュー ナパヴァレーワイン提供

シェアスタイルの食事でナパヴァレーワインを楽しめる企画「ワインバイツ」

シェアスタイルの食事でナパヴァレーワインを楽しめる企画「ワインバイツ」

  •  

 ミッドタウン内のアメリカンスタイルレストラン「ユニオンスクエア東京」で現在、シェアスタイルの食事と米カリフォルニア州のナパヴァレーワインが楽しめる企画「ワインバイツ」が期間限定で開催されている。企画は「ナパヴァレー・ヴィントナーズ」。

限定メニューで前菜の4品と2種類のナパヴァレーワインを提供する

 近年のアメリカのレストランで見られる、かしこまって気取ったファインダイニングから肩肘張らずリラックスできるスタイルへと移行する流れを参考に、大皿を何人かでシェアする「ファミリースタイル」で料理を提供する同企画。

[広告]

 限定メニュー(3,780円・サービス料別)は前菜の4品「本マグロのカルパッチョ 柚子(ゆず)ホイップ」「温かい牡蠣(かき)、麹(こうじ)バター」「インカ芋のトストーン、海苔(のり)風味」「ソーセージ&マスタード」に加え、ナパヴァレー産の白ワイン「ロング・メドウ・ランチ ソーヴィニヨンブラン」と赤ワイン「シレノス・ワイナリー メルロ」を1杯ずつ楽しめる。

 広報担当者は「カジュアルでも質にはこだわった料理とワインを用意した。気軽に楽しんでいただければ」と来店を促す。

 営業時間はランチ=11時~15時(土曜・日曜・祝日は16時まで)、ディナー=17時~23時。3月17日まで。