食べる

グランドハイアット東京でハロウィーン企画 ドリンク、スイーツに趣向凝らす

オーク ドア バー「ハロウィン ラボラトリー」のイメージ

オーク ドア バー「ハロウィン ラボラトリー」のイメージ

  •  
  •  

 グランドハイアット東京(港区六本木6)の各店舗で現在、期間限定でハロウィーンをモチーフにしたドリンクやスイーツが提供されている。

オーク ドア バー「ハロウィン アフタヌーンティー」のイメージ

 1階ペストリーブティックの「フィオレンティーナ ペストリーブティック」では、毎年人気のアイシングクッキーなどのハロウィーンコレクションに加え、カボチャを使った4種類の新作スイーツを販売している。同店のシグネチャーケーキとなる「グランド プレミアム ショートケーキ パンプキン」(1,800円)は、パンプキンダイス、パンプキンプリンをジャージー牛の生クリームとスポンジでサンドし、北海道産カボチャの自然な風味をケーキ。トップにはプラチョコレートで作ったかわいらしい形のカボチャをあしらう。販売時間は10時~22時。

[広告]

 6階のステーキハウス「オーク ドア」では、「ハロウィン ラボラトリー」がテーマの「ハロウィン アフタヌーンティー」(2,000円)を提供している。2段のスタンドには、海外のお墓をイメージしたハーブとガーリックソースを合わせたバーニャカウダや指の形をした骨付きソーセージ、脳みそを模したハニーベイクドハムのムースの3種類の軽食に加え、ドクドク動き出しそうな心臓に見立てたイチゴのカップケーキとビーカーで演出するバニラのエスプーマをのせたソーダゼリー、チョコレートでできたクモモチーフの3種類のスイーツなどがセットになる。提供時間は14時30分~17時(土曜・日曜・祝日は15時~)。

 インターナショナルな雰囲気の中カクテルやワインが楽しめる6階「オーク ドア バー」では10月24日から、昨年に引き続き「科学実験室(ラボラトリー)」をテーマにクモの巣や科学室をほうふつさせるアイテムをデコレーションしてバーを実験室風にアレンジする。試験管やフラスコ、ビーカーなどのスタイルで提供するカクテルを7種類用意。試験管に入った3種類のリキュールに、ゲスト自身で「秘密の液体」を注いで、色の変化を楽しめる演出のカクテル「試験管カクテル 3種類」(1,800円)など4種類のカクテルが初登場する。提供時間は15時~17時。

 同ホテルのマーケティングコミュニケーションズ アシスタントマネジャーの柴山紗代子さんは「街でのハロウィーンの規制が年々強化されているが、今年のハロウィーン期間はご友人や仲間と共にグランドハイアット東京に繰り出していただき、目にも舌にもうれしい料理やドリンクを楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 税・サービス料別途。提供は10月31日まで。

  • はてなブックマークに追加