食べる

麻布十番に「レストラン パトゥ」 神戸で20年営業したフレンチが移転

「蝦夷鹿のロースト」

「蝦夷鹿のロースト」

  • 8

  •  

 麻布台のフレンチ「レストラン パトゥ」(港区麻布台3、TEL 03-6803-4820)が、オープンから間も無く2カ月を迎える。

店内の様子

 8月13日にオープンした同店。オーナーシェフを務める山口義照さんは、フランス中東部のリヨンや中西部のレ・ゼイジー、スイスなどで約4年間修業を積んだ後、神戸市内にフレンチレストランを1999(平成11)年に開いた。今回「新たなチャレンジをしたい」という気持ちから都内へ移ることを決意し、同店をオープンするに至った。

[広告]

 2種類の「おまかせ日替わりのコース料理」を提供し、「琵琶鱒とハーブサラダ」など9品で構成したコース料理(1万5,000円)や、「蝦夷鹿のロースト」など11品で構成したコース料理(2万5,000円)を用意する。アルコールは「ブルゴーニュ ピノノワール」(グラス=1,200円)や「アルサック」(グラス=1,000円)などのフランスワインをメインにそろえ、料理とのマリアージュを行う。

 山口さんは「素材の素直な味を活かした、シンプルな料理がテーマ。食事が好きな人に、ゆったりと料理を楽しんでいただきたい」と話す。「まずは気軽に問い合わせてほしい」とも。

 営業時間は18時~21時。土曜・日曜・祝日は12時~13時30分。