見る・遊ぶ 暮らす・働く

六本木にシーシャバー「BAR CROSS LINK」 ゲームの世界観をイメージ

オリジナルシーシャ

オリジナルシーシャ

  • 2

  •  

 六本木のシーシャバー「BAR CROSS LINK」(港区六本木3、TEL 03-5843-0556)がオープンして1カ月がたった。

カウンター席にUSBポートを設置する同店

 スマートフォン向けアプリゲーム「CROSS LINK」のコンセプトバーとして、10月12日にオープンした同店。「CROSS LINK」は、仮想通貨などに使われる「分散管理台帳」を応用した「ブロックチェーンゲーム」で、同店では「リアルとバーチャルがつながるゲーム」をテーマに、GPSとブロックチェーンを組み合わせた「CROSS LINK」の世界観を伝える。

[広告]

 「隠れ家」を意識した内装に仕上げた。ゲームプレーヤーである客は店員との会話も楽しめる。スマホゲーム、ボードゲーム、カラオケなどが無料で利用できる。

 提供するメニューは、ゲームをモチーフにしたオリジナルシーシャ(60分1000円、別途1ドリンクオーダー)のほか、アルコールやソフトドリンクの単品メニュー、飲み放題メニュー(60分3,000円~)を提供する。

 店舗責任者の麻生有香さんは「女性に人気のヘーゼルナッツフレーバーを使ったハイボールなどオリジナルカクテルやノンアルドリンクも多くそろえているので、どんな方でも楽しめると思う」と話す。「ゲーム内のアイテムが店で使えたり、すてきなゲームアイテムがもらえたりする企画を考えている。現実とゲームの世界が交差して連動するクロスリンクの世界を楽しんでもらいたい」とも。

 営業時間は20時~翌2時。日曜・祝日定休。