食べる

麻布十番にすし店「麻布 黒しゃり」 黒いしゃり使う

黒いしゃりを使ったメニュー

黒いしゃりを使ったメニュー

  • 226

  •  

 麻布十番にすし店「麻布 黒しゃり」(住所非公開)が7月1日、オープンした。

店主の織田一志さん

[広告]

 「美腸」と「インナービューティー」をコンセプトに、「ヤシ殻活性炭」を使った黒いしゃりで握ったすしや、一品料理を提供する。構想から6年かけてオープンにこぎ着けたという。

 メニューは、全12品から成る「おまかせ極みコース」(3万3,000円)と、天ぷらや「雲丹(うに)いくらキャビア小丼」などを加えた「おまかせPremiumコース」(3万9,600円)の2コースを用意する。

 店主の織田一志さんは「白身魚は4、5日、マグロは2週間熟成してうま味を引き出している」と話す。「地元、青森県の漁師から直接仕入れた鮮魚も使っている。ぜひ楽しんでほしい」とも。

 営業時間は、17時30分~20時、20時30分~23時。日曜・祝日定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース