六本木でプロ野球60周年記念イベント-アーティスト60組が「野球」アート創作

©NPB ©DIAMOND DREAMS実行委員会

©NPB ©DIAMOND DREAMS実行委員会

  •  
  •  

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)で8月12日、プロ野球セ・パ誕生60周年記念チャリティアートエキシビション「DIAMOND DREAMS(ダイヤモンド・ドリームス)」が始まった。

 「ダイヤモンド・ドリームス」は、プロ野球セ・パ誕生60周年記念事業の一環として立ち上げたチャリティアートエキシビション。日本プロ野球の節目となる今年、両リーグに属する12球団がそろって「もっと、もっと野球を盛り上げていこう!新たな野球の夢を広げて行こう!」という野球がもたらす「夢」を広げていくイベントとして企画された。東京ミッドタウンを皮切りに日本各地を巡回する予定で、収益の一部は「未来への野球振興活動」などへのチャリティーを予定している。

[広告]

 同会場では、「FUTURE60:未来に広げたい、伝えたい、ボクたちのベースボールドリーム」と題し、各分野で活躍するアーティスト60組が「野球」をテーマにしたメッセージアートを出展。アート、グラフィック、イラスト、音楽、造形、映像など、各アーティストが思いのままに創作した「ベースボールアート」作品を展示する。

 参加アーティストは、漫画家の故・赤塚不二夫さん、アートディレクター・伊藤桂司さん、タレント・上原さくらさん、コラムニスト・えのきどいちろうさん、イラストレーター・黒田征太郎さん、俳優・高岡蒼甫さん、音楽家・高橋幸宏さん、タレント・千秋さん、漫画家・ちばてつやさん、タレント・松村邦洋さん、イラストレーター・南伸坊さん、漫画家・モンキー・パンチさん、タレント・山口もえさん、イラストレーター・リリー・フランキーさんなど60組。

 「HISTORY60 HISTORY60:未来に残したい記憶。ボクたちの宝物」では、プロ野球セ・パ60年の歴史に残る、数々の伝説を生み出した偉人たちを紹介。セ・パ両リーグ初期から現在までの軌跡を、各時代を代表する名選手のユニホームやグラブ、その当時の日本シリーズのグラフィックなどの貴重なグッズを通して振り返る。

 開催時間は11時~21時。会場は東京ミッドタウン・ホール(8月12日~19日、12日は18時まで、19日は14時まで)と、同ガレリア地下1階アトリウム(同12日~23日)。入場料は大人800円ほか。今月23日まで。