見る・遊ぶ

六本木・けやき坂でイルミネーションが会期延長 バレンタインデーまで

「けやき坂 冬のイルミネーション」の白色と青色のLED 「SNOW&BLUE」

「けやき坂 冬のイルミネーション」の白色と青色のLED 「SNOW&BLUE」

  •  

 六本木けやき坂通り(港区六本木6)で開催中の「けやき坂 冬のイルミネーション」がバレンタイン当日の2018年2月14日まで期間を延長することが決まった。

樹氷のように光り輝く冬の散歩道が楽しめる

 六本木ヒルズの開業以来、毎年行われている同イベント。約400メートルの通りを約120万灯のLEDが彩り、冬の風物詩としてカップルなどで毎年にぎわいを見せる。

[広告]

 期間中、同スポットでは青と白の2色から成る「SNOW&BLUE」と、琥珀(こはく)色を基調とした暖色系の「CANDLE&AMBER」の2種類のイルミネーションが点灯し、樹氷のように光り輝く冬の散歩道が楽しめる。

 森ビルタウンマネジメント事業部PR担当の山崎正樹さんは「好評につきバレンタインシーズンまで『けやき坂 冬のイルミネーション』期間延長することを決めた。ぐっと寒くなり、イルミネーションのきらめきがさらに際立つ季節に、お食事やお買い物、お散歩の際など立ち寄ってほしい」と話す。

 点灯時間は17時~23時。