見る・遊ぶ

六本木のスヌーピーミュージアムが閉館 営業最終日には多くのファンも

9月24日に閉館した同館

9月24日に閉館した同館

  •  

 六本木の「スヌーピーミュージアム」(港区六本木5、TEL 03-6828-1960)が9月24日、閉館した。

営業最終日には多くのファンが詰めかけて撮影などを行っていた

 同館は、2013年10月12日から翌年1月5日にかけて六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開かれた「スヌーピー展 しあわせは、きみをもっと知ること。」の成功をきっかけに、2016年4月に期間限定でオープンした。

[広告]

 オープン後は、約半年ごとに一つのテーマを設けて企画展を行った。1回目は「愛(いと)しのピーナッツ。」、2回目は「もういちど、はじめましてスヌーピー。」、3回目は「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!-ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」、4回目は「Love is Wonderful -恋ってすばらしい。」、5回目は「ともだちは、みんな、ここにいる。」がテーマだった。

 クリスマスやバレンタインデー、スヌーピーの誕生日などには特別企画展を実施し、漫画「ピーナッツ」作者・チャールズM.シュルツさんの夫人、ジーン・シュルツさんが手掛けた原画などを展示。館内にはテーマに関連したアニメを流したほか、施設内のショップではグッズ販売も行い、隣接する「Cafe Blanket(カフェブランケット)」ではテーマに関連したメニューも提供した。開館以来、約2年6カ月間で約136万人が来場したという。

 閉館日に訪れた重松ふみさんは「昨年の冬にも一度足を運んだが、閉館と聞いてどうしてももう一度訪れたかった。町田に移転すると聞いているのでオープンした際はまた足を運びたい」と話した。神奈川県から訪れた白木かつやさんは「閉館は本当に寂しい。もっと続いてほしかった。最後、記念にミュージアムについてまとめられている図録を買ったので懐かしみたい」と閉館を惜しんだ。

 町田市に2019年秋に移転オープンする予定。