学ぶ・知る

東京タワーが初の歴代制服復刻展 現役アテンダントが着用し出迎えも

復刻した東京タワー歴代の制服

復刻した東京タワー歴代の制服

  •  

 東京タワー(港区芝公園4)フットタウン1階ウェルカムラウンジで現在、「東京タワー開業 60 周年記念 歴代制服復刻展」が初開催されている。

新たにデザインを書き起こした、1958年の開業時の制服

 1958(昭和33)年の開業当時から2018年まで、女性アテンダントが着用した制服50着(冬服26着、夏服24着)のうち任意で選出した冬服9着を、当時の写真を基に新たにデザインを描き起こし、復刻版を製作。開業60周年記念企画として、現品保管されている冬服3着、現在アテンダントが着用中の1着と合わせた歴代の制服、全13着を展示する。

[広告]

 60回目の開業記念日となる12月23日は展示は行わず、9時~17時に東京タワー内の各所で現役アテンダントが歴代の制服を着用し来場者を迎える。

 東京タワーマーケティング課の清水綾子さんは「歴代制服復刻展は、今年で60周年を迎える東京タワーならではの企画。OGの方にご協力いただくなど、写真や資料を基に、当時の流行を反映した制服にリメークした」と話す。

 営業時間は9時~23時。入場無料。来年1月14日まで(1月8日と9日は除く)。