見る・遊ぶ

東京ミッドタウンで「未来の学校祭」 日本初公開となる作品展示も

日本初公開となるジェイコブ・トンスキーさんの作品「Balance From Within (バランス フロム ウィズイン)」 ©Jacob Tonski

日本初公開となるジェイコブ・トンスキーさんの作品「Balance From Within (バランス フロム ウィズイン)」 ©Jacob Tonski

  •  

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)で2月21日から、アートとテクノロジーを体感し未来社会を考えるイベント「未来の学校祭」が開催される。

アートユニット「Cod.Act(コッド・アクト)」によるサウンド・インスタレーション「πTon (ピトン)」も展示する ©Vavier Voirol

 東京ミッドタウンとアルスエレクトロニカが協働し、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げる同イベント。アーティストによる社会への問い掛けをきっかけに、さまざまなクリエーターや企業、ショップが来場者と共に未来の社会を考えていく。

[広告]

 イベントでは、2018年にオーストリア・リンツで開催されたメディアアートに関する世界的なイベント「アルスエレクトロニカ・フェスティバル」参加作品を中心に、エキシビション、パフォーマンス、ワークショップ、トークの4つのプログラムを用意。

 期間中は「ギリギリ」をテーマに、東京ミッドタウンの館内各所を「ギリギリ・ルーム」「ギリギリ・スクエア」「ギリギリ・ラボラトリー」と3つのカテゴリーに分け、日本初公開となるジェイコブ・トンスキーさんによる170年前に作られた古いソファが1本の脚で佇む作品「Balance From Within(バランス フロム ウィズイン)」やアートユニット「Cod.Act(コッド・アクト)」による無脊椎動物のような巨大なゴムチューブが床をうごめくサウンド・インスタレーション「πTon (ピトン)」などを作品展示。ワークショップやトークイベント、パフォーマンスも開催する。

 東京ミッドタウンマネジメントの広報担当は「あっと驚くようなアート作品や子どもも楽しめるワークショップ、デザインやアートに造詣の深い人がよりメディアアートの世界を知ることのできるトークセッションなどを用意した。これらを体感しつつ、みんなで未来社会を考えるイベントになれば」と話す。

 開催時間は11時~21時。入場無料。今月24日まで。