食べる

東京タワーでジンギスカン食べ、飲み放題企画 「マザー牧場」伝統の味提供

今年で5回目の開催となる「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ROOFTOP ジンギスカン」

今年で5回目の開催となる「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ROOFTOP ジンギスカン」

  •  
  •  

 屋外でジンギスカンとハイボールを楽しめる「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN ROOFTOP ジンギスカン」が現在、東京タワー(港区芝公園4)のフットタウン屋上広場で開催されている。

ジンギスカンのイメージ

 今年で5回目となる企画。「フットタウン」の屋上は外階段の昇降口がある場所で、正面玄関よりさらに近くから東京タワーの鉄骨やライトアップを見ることができる。席数は200席。

[広告]

 ジンギスカンなどのフードメニューを提供するのはマザー牧場(千葉県)。ジンギスカンは、一般にはあまりなじみがなかった1962(昭和37)年の創業時からのメニューで、地元産のしょうゆに野菜や果物などをブレンドした自家製の「生だれ」が特徴。

 ジンギスカンは、120分間の食べ放題に飲み放題が付いたコースメニューで提供。ラム肉のほか、牛肉、豚肉、野菜なども食べ放題になる。ドリンクは、「角ハイボール」や生ビール、ワイン、ソフトドリンクなど。料金は男性=4,500円、女性=4,000円、小学生=2,000円など。

 マザー牧場フード事業課の岩下傑さんは「マザー牧場創業以来、人気ナンバー1メニューのジンギスカンを120分の食べ放題、飲み放題で楽しんでもらえる」と話す。「東京タワーを支える4本の塔脚の内側に位置するフットタウンの屋上スペースで、秘伝の自家製生だれで味わうジンギスカンを堪能してほしい」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は17時~22時30分。9月30日まで。荒天中止。

  • はてなブックマークに追加