食べる

六本木に「ブラックニッカ」バー 6日ごとにテーマ変える

店舗外観

店舗外観

  •  
  •  

 六本木ヒルズ内の「ヒルズカフェ/スペース」(港区六本木6)が現在、「ブラックニッカ」ブランド専門バー「BLACK 3 STYLES BAR」として営業している。

7月2日からはダークブルーの落ち着いた色合いの空間演出を行う予定(イメージ図)

 アサヒビール(墨田区)が運営する同店。「夜は、3つの顔を持つ。」をコンセプトに、同社が扱う「ブラックニッカ クリア」「ブラックニッカ リッチブレンド」「ブラックニッカ ディープブレンド」の3商品ごとに異なるテーマを設定。6日ごとにテーマを変え、それぞれの商品の特徴にあった飲用シーンを演出する。

[広告]

 現在は「Rich Nights 『RELAX』」をテーマに、穏やかで温かめという色調の照明で空間を彩る。7月2日から最終日までは「Deep Nights 『IMAGINATION』」をテーマに、ダークブルーの落ち着いた色合いの空間に仕上げる。初日から6日間は「Clear Nights 『EXCITING』」をテーマに、スタンディング席を設置し、赤を基調とした空間を創り上げた。

 「ブラックニッカ クリア」(380円)、「ブラックニッカ リッチブレンド」(400円)、「ブラックニッカ ディープブレンド」(420円)を提供するほか、「季節野菜のオーブン焼きチーズソース」(800円=7月1日まで)や「魚介とセロリ・オリーブのマリネディルソース」(600円=7月2日から)などの一品メニューも用意する。

 同社マーケティング本部 洋酒・焼酎マーケティング部担当課長の大場洋右さんは「『ウイスキーって、おもしろい。』をテーマに、多様なウイスキーの楽しみ方を提案することで、ウイスキーと共に楽しむ生活文化を提案していきたい。これからウイスキーを楽しみたい、興味があると思っている全ての人に来店していただきたい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。7月7日まで。

  • はてなブックマークに追加