岐阜県の実践型デザイン塾、六本木でプロダクト発表

岐阜県の「オリベデザインセンター」が開発したバイオマスエネルギーを利用するストーブ

岐阜県の「オリベデザインセンター」が開発したバイオマスエネルギーを利用するストーブ

  •  
  •  

 アクシスギャラリー(港区六本木5、TEL 03-5575-8655)では10月18日~20日の3日間、オリベ想創塾プロデュース展「Gifu Design Presentation 2006 in AXIS」を開催する。

 オリベ想創塾は、岐阜県が地場産業企業の振興を目的に2003年に設立したデザイン拠点「オリベデザインセンター」(岐阜県)の一事業。県内企業からの新商品開発依頼をそのままカリキュラムとして実行する実践型デザイン開発塾として、柴田文江さんや榎本文夫さんなど第一線で活躍する国内デザイナーなどが客員教授となり、県内企業に所属するデザイナーや開発担当者で構成される塾生と共に商品開発を行っている。

[広告]

 事業の成果発表を目的とした展覧会は今年で3回目となり、会場では「環境」をテーマに開発したバイオマスエネルギーを利用するストーブなど約140点のプロダクトを展示する。開催時間は11時~19時。入場無料。(写真=バイオマスエネルギーを利用したストーブ)

オリベ想創塾

  • はてなブックマークに追加