見る・遊ぶ

六本木ヒルズで「春まつり 2018」 グルメ屋台、ライブパフォーマンスも

過去、開催された「春まつり」の様子

過去、開催された「春まつり」の様子

  •  

 六本木ヒルズ(港区六本木6)で、4月6日から、「春まつり 2018」が開催される。

屋台で提供される「六本木いなきや」の「活帆立焼」

 六本木ヒルズアリーナおよび毛利庭園周辺で4月8日までの3日間にわたって行われる同イベント。昨年3月に開催された「春まつり 2017」に引き続き、同施設内のレストラン12店舗やホテル「グランド ハイアット 東京」などがグルメ屋台を出店するほか、ライブパフォーマンスやワークショップなどの企画も開催する。今年は、初めてのサービスとなる着物レンタル・着付サービス(※予約受付は終了)も提供する。

[広告]

 屋台を出店する店舗と提供するメニューは、「グランドハイアット東京」が「サーモンとアスパラガスのキッシュ」、和食居酒屋「六本木 いなきや」が「活帆立焼」、ブラジル料理店「バルバッコア」が「魚介のブイヤベース」など。他にも12店舗が出店する。

 着物レンタル・着付サービスでは、着付け教室などを行っている「花影きもの塾」の協力のもと、着物のレンタルから着付けまでプロの着付け師が担当する。利用者は、「六本木ヒルズアカデミーヒルズ カンファレンスルーム6」にて着付けをし、そのまま六本木ヒルズを回遊できる。

 イベント運営を担当する山崎正樹さんは「今年初めての企画となる着物レンタル・着付サービスは、桜の季節にぴったりで、春まつりをより一層楽しめると思う。また、日本の和を様々な形で表現するライブパフォーマンスも今年の見どころ。海外からお越しいただく方々も楽しめる、六本木ヒルズらしい国際色豊かなイベントを多数ご用意いたします」と話す。

 開催時間は、6日=17時~20時、7日・8日=12時~18時。