食べる

ミッドタウンの虎屋菓寮で「梅あんみつ」 季節限定の特別メニュー

ミッドタウンの虎屋菓寮が季節限定で提供する「梅あんみつ」

ミッドタウンの虎屋菓寮が季節限定で提供する「梅あんみつ」

  •  

 東京ミッドタウンの「虎屋菓寮 東京ミッドタウン店」(港区赤坂9、TEL 03-5413-3541)で現在、「梅あんみつ」を提供している

 2007(平成19)年にオープンした同店。「とらや 東京ミッドタウン店」に隣接し、壁に白い焼物のブロックを積み上げたスタイリッシュな造りとなっている。店内は落ち着いた雰囲気を出すため、厚みのある絨毯(じゅうたん)や布貼りのベンチシートに黒を採用。幅広い年代の客が気軽に来店できるような工夫をこらす。

[広告]

 季節限定で提供する「梅あんみつ」(1,512円)は、「虎屋菓寮」全店の中でも同店のみで提供するメニュー。とらや広報担当の奥野容子さんは「オープン当時、季節感があり当店だけでお召し上がりいただける甘味をご用意したいと思い『季節のあんみつ』を開発した。同あんみつもその1つで、この時季だけの特別メニューとして提供している」と話す。

 同あんみつは、自家製の寒天、梅水ようかん、青梅甘露煮、梅形の赤色寒天、求肥(ぎゅうひ)、赤えんどう豆、黒豆などに北海道産の小豆でエリモショウズという品種を使った濃厚な味わいのこし餡(あん)を添える。蜜は梅ピューレと白双糖という白いザラメを使った酸味のある梅蜜を用意する。

 奥野さんは「この時期だけの特別メニューなので一度お召し上がりいただきたい。まずは蜜をかけずに梅水ようかんを味わって欲しい。その後に蜜をかけていただき、口いっぱいに広がる初夏らしいさわやかな梅の酸味とともにお楽しみいただくのがおすすめ」と話す。

 営業時間は11時~21時。5月31日まで。