食べる

麻布十番に懐石料理店「米ル」 土鍋で炊いた「コメ」メインに

「土鍋ご飯」

「土鍋ご飯」

  • 5

  •  

 麻布十番の懐石料理店「麻布十番 米ル」(港区麻布十番2、TEL 03-6453-6658)が、オープンして1カ月がたった。

焼き物

 9月16日にオープンした同店。全国各地から仕入れたコメを自家製米し、土鍋で炊いて懐石料理と共に提供する。新米が売り出されるタイミングに合わせて、コメの仕入れ先を変える。店主の白川勝さんは「お客さまには常に旬のコメを食べていただきたいと思い店を始めた」と説明する。

[広告]

 メニューは、前菜、茶わん蒸し、季節のかき揚げ、焼き魚、土鍋ご飯、だし巻き卵など17品で構成する「おまかせ」(5,980円)を提供する。「焼きしゃぶ」(1,280円)や「自家製カレー」(580円)などの一品メニューや「特選玉子」(350円)や「いくら」(780円)などの「ご飯のお供」も用意する。アルコールは生ビール(900円)のほか、「立山」(1,000円)や「新政」(1,500円)などの日本酒もそろえる。

 「予約が取れないくらい好評を頂いている『恵比寿米ル』の姉妹店として開いた。日本の顔であるコメ本来の味を再認識していただきたい」と白川さん。「看板や表札のない、知る人ぞ知る『大人の隠れ家』だが、一度足を運んでほしい」とも。

 営業時間は18時~23時。日曜定休。税、サービス料(10%)別。