見る・遊ぶ

六本木にメイドカフェ「キミノカフェ。」 「VTuber」が接客も

メイドに扮したスタッフ

メイドに扮したスタッフ

  • 3

  •  

 メイドカフェ「サイバーアニソンステージ キミノカフェ。」(港区六本木3)が12月19日、六本木にオープンした。

提供メニュー「オムライス」

 「アニメソング」をコンセプトに掲げる同店。アイドルをプロデュースする企業「IORI COMPANY」、台湾のメイドカフェ「Lilith in Wonderland」を経営する企業「Lilith Entertainment」、2.5次元ミュージカルを製作する「SHOWMAN’S」の3社が合同で運営する。メイド服を着たスタッフや、2Dまたは3Dのアバターを使って活動する「VTuber」が接客する。

[広告]

 メニューは、メイドに扮(ふん)したスタッフが客前で絵を描いて提供する「オムライス」や「ハンバーグ」「カレーライス」(以上1,300円、メイドを指名する場合は別途200円)などがある。メイドを指名できる「カラオケ」(3曲=1,000円)や「チェキ」(サイン入り1枚=1,000円)、「ライブステージ」(1曲=1,500円)なども用意する。

 プロデューサーの貞方祥さんは「近未来のアニソンライブステージが時空を超えてコネクトした、がテーマ。コロナ禍のご時世に、六本木というオタク未開の地にメイドカフェをオープンするというプロジェクトに臨んだ」と話す。「アニソンは世界に誇れるコンテンツだと考えている。コロナ禍が明けて海外からの観光客が六本木に戻って来た際には、『アニソン×アイドル×メイド』というコンセプトの当店は多くの人々にお楽しみいただけると思う。六本木の新しいカルチャースポットになると確信している」とも。

 現在の営業時間は16時~20時(土曜・日曜・祝日は15時~)。月曜定休。チャージ料金は800円(1ドリンク制=1時間)、3,000円(飲み放題=1時間)。新型コロナウイルス感染対策として店内にアルコールを設置し、定期的に換気を行う。