食べる

麻布十番のフレンチが医療支援企画 「農園野菜のキッシュ」提供

「農園野菜のキッシュ」

「農園野菜のキッシュ」

  • 8

  •  

 麻布十番のビストロフレンチ「Bistro Plein(ビストロプラン)」(港区六本木5、TEL 03-5413-3133)が5月21日から、医療支援プロジェクト「キッシュをシェアするプロジェクト」の第3弾を開始した。

店主の中尾太一さん

 運営は「PLEIN」(同区)。「お腹も心もいっぱいに」をコンセプトに掲げ、有機野菜やジビエを使ったフレンチを提供する。店主の中尾太一さんは「昨年の緊急事態宣言時に、贈り先となる聖マリアンナ医科大学病院(川崎市)から医療現場で働く人たちに向けて何かできないかと声を掛けられたのがきっかけ」と話す。昨年5月に第1弾、今年1月に第2弾を実施し、緊急事態宣言の延長に伴い第3弾の実施を決めた。

[広告]

 プロジェクトの内容は、支援者が同社オンラインショップの商品で、全て国産の食材を使った「農園野菜の幸せのキッシュ」(2,000円)を1つあたり1,700円にディスカウントして2つ分購入するというもの。1つは支援者へ、もう1つは毎週80名分をカットし個包装にして医療現場へ提供する。

 中尾さんは「これまで、1000人以上から540万円を支援していただけた。自己犠牲的・一時的支援ではなく、共感していただいた人にもシェアをすることが何より大切なこと」と話す。「コロナ禍で飲食店は佳境を迎えているが、医療現場で働く人たちにエールを送りたいと思っている人々と、食を通した幸せが増えることを願っている。これからも私たちにできることを継続していきたい」とも。

 6月20日まで(延長の場合あり)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース