見る・遊ぶ

東京タワーがクラウドファンディング実施 年末年始のライトアップ目指す

達成した場合に開催予定の「クリスマス特別ダイヤモンドヴェール+メインデッキにハート点灯」(12月23日~27日)

達成した場合に開催予定の「クリスマス特別ダイヤモンドヴェール+メインデッキにハート点灯」(12月23日~27日)

  • 8

  •  

 東京タワー(港区芝公園4)が現在、年末年始のスペシャルライトアップを計画している。

達成した場合に開催予定の「お正月ライトアップ+2021西暦表示」(1月1日・2日)

 東京タワーは、新型コロナウイルスの影響で観光客が減り、展望台への来塔客が昨年比で約80%減少。少しでも明るく楽しい思い出を残したいという思いから、特別なライトアップの実施を目指すという。

[広告]

 必要な資金をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で募っている。支援金は、3,000円から333万円までを設定した。12月20日までに支援金3,000万円を達成した場合は、「2020メリークリスマス&2021ハッピーニューイヤー」スペシャルライトアップを開催。年末年始の約10日間を、窓文字とスペシャルライトアップで演出する。クリスマス時期に「ダイヤモンドヴェール」の演出とメインデッキ南面に浮かび上がるハートマークに加えて、年末年始には「2020」と「2021」の西暦を表示するほか、正月時期には縁起が良いとされる「五色幔幕(ごしきまんまく)」をイメージしたカラーでライトアップを行う。

 支援できる金額は、3,000円から333万円までを設定。返礼品として、年間パスポートや展望台の貸し切り、希望の色のライトアップ点灯などを用意する。集まった支援金は、同タワーメインデッキ(南面)に映し出すハートマークと西暦表示の製作費、塔体やタワー大神宮などの施設維持管理費用に充てる。

 ライツ・広報課の小椋信也さんは「応援の声とともに多くの方から支援を頂いており、11月27日現在で目標額の3分の2を達成した。引き続き皆さまの支援をお願いしたい」と呼び掛ける。

 クラウドファンディングは12月20日まで。