食べる

六本木に中華料理店「63cafe」 上海料理メインに、「小皿で女性も食べやすく」

焼きワンタン

焼きワンタン

  • 7

  •  

 六本木の中華料理店「63cafe(ロクサンカフェ)」(港区六本木3、TEL 03-6455-4157)がオープンして1カ月がたった。

麻婆豆腐

 10月1日にオープンした同店。上海料理をメインに提供する。上海にある飲食店をイメージした内装に仕上げ、六本木の街になじむようにと「モダン」を意識したな雰囲気に仕上げた。

[広告]

 ゆでワンタンか焼きワンタンのどちらかを選べる「点心」(630円)や、「セロリ入りエビ蒸し餃子」(500円)、「麻婆豆腐」(980円)などを提供する。黒アワビや、南京ダック、上海蟹など全11品で構成した「上海蟹コース」(1万2,800円)や、火鍋しゃぶしゃぶ「肉盛り合わせコース」(4,800円~)などのコース料理も用意する。

 アルコールは「G.M.マム グラン コルドン」(ボトル、1万2,000円)などのシャンパンや「コス フラッパート」(同7,600円)などのワインのほか、ハイボール(800円)も用意する(価格は全て税抜き)。

 オーナーシェフの歴東皓(れきとうこう)さんは「大皿に載って提供されるイメージが強い中華料理だが、上海料理は小皿で提供するのが一般的なためで女性でも食べやすいと思う」と話す。「個人からグループまで幅広い人たちに上海料理を味わってほしいが、まずは自慢の手作り上海ワンタンをぜひ召し上がっていただきたい。気軽に問い合わせてほしい」とも。

 営業時間は17時30分~翌5時(22時以降は別途10%の深夜料金がかかる)。土曜・日曜・祝日定休。