天気予報

31

22

みん経トピックス

六本木に富士桜高原麦酒バー六本木に「奄美大島」カフェ

大江戸線六本木駅ホームで「日光」写真展 インスタグラマー5人が市内撮影

大江戸線六本木駅ホームで「日光」写真展 インスタグラマー5人が市内撮影

ホームでのサイネージ放映の様子

写真を拡大 地図を拡大

 都営地下鉄大江戸線六本木駅(港区赤坂9)のホームで3月7日、日光市内の観光スポットを村上萌さんらインスタグラマーが撮影した写真をデジタルサイネージで展示する「#Discover Nikko デジタル写真展」が始まった。主催は日光市。

約100点の写真が次々に表示される。

 同展は、SNSインスタグラムでフォロワーの多いインスタグラマーに日光市内の温泉地を巡って写真を撮影してもらい、その写真を六本木駅ホームにある12柱24面のデジタルサイネージで上映するというもの。

 参加したインスタグラマーは、ライフスタイルサイト「NEXTWEEKEND」などを運営するガルテン(北青山3)代表で、4万3000人以上のフォロワーを持つ村上萌さん(moemurakami_)、ブランディングディレクターで2万6000人以上のフォロワーを持つ行方久子さん(hisakonamekata)ら20代から30代の女性5人。

 5人は村上さんの監修の下、2月下旬に鬼怒川・川治・湯西川・日光湯元・奥鬼怒の5つの温泉地をそれぞれ訪れ、フォトジェニックなスポットを撮影した。会場では、その中から約100点を展示するが、一部は撮影時にハッシュタグ「#discovernikko」で投稿され、村上さんの写真は「2000いいね」以上を集めるなどしている。

 同駅のデジタルサイネージを使っての写真展を自治体が行うのは初めてで、同市観光情報発信センターは「一日の利用者が約9万人で、多くの訪日外国人も訪れるエリア。日光市として初めてのプロモーションを行う場所でもあるので、多くの訪日外国人や今まで日光の情報にあまり触れてこなかった方々へも情報発信ができると考えている」と期待する。

 開催時間は5時~翌1時。3月13日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング