見る・遊ぶ

六本木で「AUDIO ARCHITECTURE展」 小山田圭吾さん書き下ろし曲を映像表現

21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」)(稲垣哲朗「スタジオライブ映像」)

21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」)(稲垣哲朗「スタジオライブ映像」)

  •  

 東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT(港区赤坂9)のギャラリー1&2で6月29日から、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が始まった。

梅田宏明さんの作品「線維状にある」

 普段何気なく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといったさまざまな要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であるという視点からスタートした同展。ディレクターにウェブやインターフェースのデザイン分野で活躍する中村勇吾さんを迎え、音楽をミュージシャンの小山田圭吾さん(Cornelius)、会場構成をインテリアデザイナーでWonderwall代表の片山正通さんが担当。小山田さんの書き下ろし曲「AUDIO ARCHITECTURE」を、作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作する。

[広告]

 参加作家は、稲垣哲朗さん、梅田宏明さん、大西景太さん、折笠良さんといった、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を行き来しながら、新しい表現に取り組む9組。

 中村さんは「それぞれの参加作家が新曲『AUDIO ARCHITECTURE』と結ぶ関係や距離は、さまざまに異なる。それぞれの固有性が連動し、調和し続ける『音楽建築空間』を体感してもらえれば」と話す。

 開催時間は10時~19時。火曜休館。入場料は、一般=1,100円、大学生=800円、高校生=500円、中学生以下無料。10月14日まで。