買う

六本木のサロンで高価格帯ネイルサービス 本物の宝石を使用、50万円台も

ダイヤ、サファイア、ルビー、エメラルドなどを使った「ベーシックライン」

ダイヤ、サファイア、ルビー、エメラルドなどを使った「ベーシックライン」

  •  
  •  

 Banc(港区南青山)が運営する六本木の完全予約制のトータルケアサロン「VAJRA(ヴァジュ)」は10月22日、本物の宝石を使った高価格帯のネイルサービス「ジュエリーネイルギフト」を開始する。

花やリボンのモチーフが用意される「ラグジュアリーライン」

 「エレガントを愛する大人のためのトータルケアサロン」として2006年、スタッフ全員が1級ネイリストの資格を持つ体制で開業した同店。10年以上にわたり六本木で営業を続け、経営者などの富裕層やハイファッションへの関心の高い女性からの支持を集めてきた。施術中の顧客との交流において「ネイルはファッションの一部であり、『本物のジュエリーでネイルを飾ることは、肌に身に着ける最高にぜいたくな体験』である」(店長の久留由貴さん)という思いが生まれ、ダイヤモンド、サファイア、エメラルドなどの本物の宝石を使用したネイルアートを開発した。

[広告]

 価格は、宝石をそれぞれ組み合わせてデザインを作成する「ベーシックライン」(30万円)と、宝石に加えて18金、もしくはプラチナでモチーフをかたどったジュエリーパーツを使用する「ラグジュアリーライン」(50万円、以上税別)の2種類。オーダーメード(50万円~)は、要望に応じて使用する宝石とデザインを自由に選択できる。全てのジュエリーは何度も繰り返し使うことが可能で、半永久的にジュエリーネイルを楽しむことができる。ラグジュアリーコースでは、使用後のジュエリーはリングなどに加工も可能(別途費用)。

 久留さんは「本物のジュエリーの輝きとネイルアートを両立することは、実はとても高度な技術を要する。ジュエリー本来の輝きを保ちながら、日常生活を快適に過ごしてもらえる安定感のあるネイルアートを実現するために、工夫と試行錯誤を重ねた結果、このジュエリーネイルが実現した」と話す。

 サービス開始を記念してレストラン「エンパイア ステーキハウス 六本木」(港区六本木3)とコラボレーションし、特別限定メニュー(1人3万円、税・サービス料別)を提供。「ジュエリーネイルギフト」をオーダーした人だけが注文でき、ジュエリーネイルをイメージしたシャンパーニュとコースメニューを用意する。

  • はてなブックマークに追加