見る・遊ぶ

六本木経済新聞、上半期PV1位は、バーが提供する「ビールサーバーで注ぐ日本茶」

ビールサーバーから注いだ日本茶を提供した「BrewDog Roppongi」

ビールサーバーから注いだ日本茶を提供した「BrewDog Roppongi」

  •  

六本木経済新聞の2018年上半期のPV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、バー「BrewDog Roppongi」(港区六本木5、TEL 03-6447-4160)が日本茶をビールサーバーから注いで提供していることを報じた記事だった。

東京ミッドタウンで開催された、オリンピック冬季競技大会帰国報告会に参加した羽生結弦選手

  同記事では、バー「BrewDog Roppongi」がコールドブリュー(水出し)で抽出した日本茶をビアサーバーで注ぐことで、ビールのようなクリーミーな泡が立つノンアルコールドリンクとして提供し、連日売り切れになっていることを伝えた。

[広告]

  ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1.六本木のバーがビールサーバーから注ぐ日本茶 連日売り切れ続く(4/10)

2.ミッドタウンでオリンピック帰国報告会 羽生選手、小平選手、カー娘らが登壇(2/27)

3.麻布十番に「海老麺総本家 JIMOTOYA 麻布十番店」 濃厚エビだしスープで(2/8)

4.六本木で「ホリエモン万博」 「このままでは大赤字」と堀江貴文さん呼び掛け(2/1)

5.グランドハイアット東京で4キロの巨大バーガー 15周年にちなんで提供(4/5)

6.六本木の「青山ブックセンター」が6月閉店へ チェーン1号店、38年の歴史に幕(5/8)

7.麻布十番のイタリアンフレンチがリニューアル 町並み眺めるテラス付き個室用意(6/8)

8.都立中央図書館にカフェ「有栖川珈琲」 ドイツ発のコーヒーや焼き菓子提供(1/22)

9.六本木ヒルズで「春まつり 2018」 グルメ屋台、ライブパフォーマンスも(4/6)

10.六本木横丁で「はしご酒」 最大3日間、20店以上で飲み放題(3/24)

2位にランクインしたのは、2月27日に東京ミッドタウン(港区赤坂9)で「第23回オリンピック冬季競技大会 日本代表選手団 帰国報告会」が行われたことを報じた記事。当日はフィギュアスケート男子の羽生結弦選手、スピードスケート女子の小平奈緒選手、髙木美帆選手、カーリング女子の本橋麻里選手や藤沢五月選手らが登場し、オリンピックについての報告を行った。

  3位には、北海道産甘エビをふんだんに使った濃厚エビだしスープを味わえる「海老(えび)麺総本家 JIMOTOYA 麻布十番店」(港区麻布十番1)がオープンしたことを報じた記事がランクイン。同店は、北海道各地のご当地グルメや特産品、道産ワインなどが札幌中心部にある大通公園に集結する「さっぽろオータムフェスト」において、最高売り上げ記録を保持する函館の有名店「海老麺総本家 地元家」の東京第1号店としてオープンした。

そのほか、「ホリエモン万博」や「六本木ヒルズ春まつり」など、普段からさまざまなイベントが開催されている六本木らしいニュースがランクイン。38年もの間、六本木エリアに勤務する人や居住する人を中心に親しまれてきた「青山ブックセンター」の閉店記事を大きな反響を呼んだ。「4キロの巨大バーガー」や「はしご酒イベント」などのグルメ系記事も読まれ、若い世代の人からも関心を引いたようだ。

  六本木経済新聞では今後も、六本木エリアの街の変化をいち早く伝えていきたい。